前へ
次へ

求人広告出したらインド人から応募が来た件

わたしが以前アルバイトをしていた京都のビジネスホテルでは、フロントスタッフの人員不足のためアルバイトを募集することになりました。
京都の中心地にあるので外国人観光客の宿泊も多く、条件はある程度英語が話せること。
求人広告を出してから何件か電話で応募の問い合わせを受けていたある日、また一件の電話が。
なんと面接希望のインド人男性からでした。
求人広告を友達に見せてもらった。
京都が好きでぜひ働きたい。
と早口のインディッシュ(インドなまりの英語)でまくし立てる彼。
聞けば留学中で、今の日本語レベルは挨拶程度しかできないとのこと。
とりあえず彼を一旦落ちつかせ、支配人に繋げたものの支配人自身はまったく英語がダメ。
もちろんインド人と話せるわけもなく、なんとかフロントから断ってと..。
今回の求人は外国人の採用は考えていない旨を伝えましたが食い下がる。
やる気がありますの一点張り。
ずいぶん熱心なので、面白半分であなたはどんなことができるのかと尋ねてみると、トップクラスのゲイシャが来ても私なら紳士的なサービスができる。
サムライの刀をコレクションしている。
質問があれば案内もします。
15分ねばられ、なんとか諦めていただくことができました。
本場のインドカレーが作れますとかあったら、もう一度支配人に電話繋げてたかな。

Page Top